NHK正月時代劇『ライジング若冲』の水墨画制作・作画指導を行いました

NHK正月時代劇『ライジング若冲』の水墨画制作・作画指導の様子の画像

来年の1月2日に放送されるNHK正月時代劇『ライジング若冲』のドラマ内で使用する水墨画作品の制作並びに、俳優陣への作画指導等を担当しました。

https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/436065.html


ドラマの主役である伊藤若冲は奇想の画家と呼ばれ,その独創性豊かな作品群は、現代でも多くの人々を惹き付けてやみません。
そんなドラマ制作にあたり、大小さまざまな作品100点余りにわたる制作と俳優陣の絵を描く際の手許の吹き替え撮影等を行いました。

岡原大崋のコメント
現代日本画の主流である「塗る絵」ではなく、「描く絵」を描いていた江戸時代の画家たちの線質の内容に、どこまで迫れるのか…と云う意味では私、自分自身への挑戦でもあったように思います。

前の記事

岡原大崋の仕事